忍者ブログ ByebyeKitty The Time Walkers 1 天草四郎(石田彰) 台本听写 1~3轨
夢はつまり、想い出のあとさき......
Admin / Write / Res
[4]  [17]  [2]  [1]  [7]  [16]  [15]  [14]  [21]  [20]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 オープニング


過去から未来、連綿と続く時の流れにおいて、偉人と呼ばれる、歴史に残る出来事を成し遂げる人物が現れます。彼らの決断の裏側にはなにがあっだのか。これは、偶然の悪戯から、時の狭間に迷い込んだ者たちの物語、そして、運命に翻弄されだ者たちの物語。その扉を開く時の散歩者が、あなたを知られざる歴史の裏側にご案内することになりましょう。


 


02 島原の乱


恐らく、これが最後の戦となるでしょう。眼下にがる平野へと目を向けながら、僕は重々しく付けた。城を取り囲む幕府軍の陣から、いくつも炊事の煙が上がっでいったのだ。間違いない、軍勢が動き出す予兆たっだ。まもなく攻撃が始まります。その前に、皆でミサを捧げましょう。それが終わったら、戦えない者たちを本丸にしてください。僕の言葉に控えでいた一揆の指導者たちが厳しい表情で頷く。この場にいる皆がわかっていた。ついに、その時が来たのだと。幕府が発見した軍勢は近隣諸藩の兵も合わせ、総勢十二万の大軍。それに対して、この城に籠る一揆は女、子供も含め、三万余り。どう考えでも勝ち目はない。ただ、最後の時が迫っているというのに、不思議と恐怖心はなかっだ。それよりも、もっと他にできることがあったのではないか、そうな悔しさが心を占めていた。僕を信じてくれた人々を救うために。しかし、思い返せば妙な話だ。現代の日本に生まれた僕が四百年近く前の江戸時代で命を落とすなんて。そう、寛永十五年の島原で僕は最後の時を迎えようとしていた。一揆の指導者、天草四郎時貞として


 


03 難民キャンプ


汝を愛するがごとく、汝の隣人を愛せよ。敬虔なクリスチャンの家庭に生まれた僕は、そんな教えのもとで育てられた。研修医を追えてすぐ国際的な医療ボランティアのグループに属したのも、その教えを単純に信じていたからかもしれない。安全な日本から紛争地に赴く危険な任務ったが、一人でも多くの人々を救いたいという使命感があの頃の僕を動かしていた。そして、内戦が続くアフリカの某国に派遣された僕は、ある難民キャンプで医業活動に従事することになった。そこでの仕事は困難を極めるものだった。慢性的な人材不足に困窮する不支持、劣悪な衛生環境。だが、激務に追われながらも僕にはひとつの心の支えがあった。それは、現地で知り合った子供たちの笑顔だった。家や家族をなくしたショックで心を鎖し、希望を忘れてしまた子供たち。そんな子供たちに僕は未来の姿を語って聞かせた平和になった彼らの国の姿を。やがて、子供たちの瞳には光が戻り、失っていた笑顔を再び見せるようになっていた。それが嬉しかった。子供たちは僕の語る言葉と僕自身を信じてくれたのだ。


だが、子供たちとの別れは災厄の形で訪れた。小康状態にあった内戦が激化したのだ国連の平和維持軍が撤退よう決め周辺地域の治安も悪化医師団の撤収が決まるまでそれほど時間はからなかった。


「先生、先生も行っちゃうの?」難民キャンプからの撤退の日、バスに乗り込む僕を子供たちは最後まで見送ってくれた。


「きっとまた帰ってくるんだよね!」そう言って僕を見詰める子供たちの瞳には、不安とともに期待と信頼が宿っていた。


「必ず戻ってくる」それだけ約束して、僕はキャンプを離れた。でも、その約束が果たされることはなかった。


数ヵ月後、医師団の本部がフランスで待機していた僕のもとに、ひとつのニュースが飛び込んできたのだ。あの難民キャンプが先頭に巻き込まれ、多くの犠牲者が出たという。さらに、治安が改善する兆しは見られず、サイドの発見も絶望的とのことだった。その現実が僕を打ちのめした。結局、僕にできることなんて何もなかったのだ。無力感のもと、僕は医師団を後にし、そのまま日本へと帰国した。それから数日、長崎の実家に戻ったものの、あの子供たちの姿が脳裏から離れることがなかった。島原の温泉地を訪れようと決めたのは、そんな疲れきった精神を休ませたかったからだ。そして、その当日のことだった、海岸で不思議な老人を見かけたのは。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ プロフィール ♥
HN:
hollycat
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
民謠、漫画、珈琲、猫
自己紹介:
宅•僞文青•恋旧
コーヒーに砂糖大量投入
その透明な嵐に混じらず
運命の果実を見つけ出す
愛しちゃダメ、恋しちゃダメ!

++++++++++++++++++++
石田彰•神谷浩史
松風雅也•櫻井孝宏
木村良平•逢坂良太
小野大輔•水島大宙

トジツキハジメ•三池ろむこ
中村明日美子•水城せとな
高井戸あけみ•穂波ゆきね
鳥人ヒロミ•九號•小椋ムク

砂原糖子•一穂ミチ•木原音瀨
榎田尤利•川井由美子•橘紅緒

++++++++++++++++++++
X:星昴
高達OO:洛提
DRRR!!:静臨
BRAVE10:幸六/才鎌
黑バス:青黄/緑黄
マギ:辛贾/斯芬缇特
ヴァルヴレイヴ:ハルエル
TOZ:スレミク

~Sweet Home~
++++++++++++++++++++
【糖果屋】120852620
【糖分依存症候群】120736473
♥ カレンダー ♥
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
♥ ブログ内検索 ♥
♥ 最新コメント ♥
[03/12 月]
[02/11 樱]
[02/07 Neko]
♥ フリーエリア ♥
♥ 忍者カウンター ♥
♥ 忍者アナライズ ♥
♥ RSS ♥
♥ バーコード ♥
♥ P R ♥
♥ コガネモチ ♥

Copyright (c)ByebyeKitty All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Material by MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]